内容を明確にしておく

メールの内容を解かりやすくするために!

顧客やクライアントにメールを配信したり、メールマガジンを発行したりする時は、メールの内容を解かりやすくすることが大切です。そのためには、まず始めに伝えるべき内容を明確にしなければなりません。一体何を目的としてメールを配信するのか、この部分をしっかりと決めておくことが重要です。またメールの受信者は、タイトルと送り主を見ただけで瞬時に内容をイメージするものです。このためタイトルの付け方も重要なポイントとなります。もし販売促進のためのメール配信であれば、顧客にとって最大のメリットとなる部分をタイトルに盛り込んだ方が良いでしょう。その上でメールの内容は何なのか、タイトルである程度判断できるようにすることが大切です。

長い文章はできるだけ使わない

メール配信する時に気を付けなければならないのが、長い文章です。メールマガジンのような媒体の場合、長すぎる文章は読者から嫌われる傾向にあります。中にはメールを開いた瞬間に嫌悪感を抱いてしまい、全く読まないでゴミ箱に移動されてしまう場合もあるほどです。このためメールで文章を書く時は、出来るだけ長い文章を書かないように注意しましょう。そして相手が読みやすくする工夫として挙げられるのが、適度に改行することです。文章の終わりで改行するのは当然ですし、少し文が長くなる場合は読点でも改行するようにします。さらに、メールの中で重要な部分は文字を大きくしたり、色を付けるようにすると更に解かりやすくなります。相手が読みやすいメールを追求し、より良い情報を届けるようにしましょう。